取引先との契約交渉において、法務部門に作ってもらった契約修正案が取引先に受け入れてもらえない場合があります。

このようなとき、「修正を受け入れてもらえるまで契約を締結できない」と考えてしまうと、取引が前に進みません。このような状況に陥った場合の進め方について解説します。

ぜひ、企業に入られたばかりの方は、早めにこの進め方を身につけてください。そうすれば、契約締結に至るまでの時間を大きく短縮することができます。


カリキュラム


  法務の修正案が交渉相手に受け入れてもらえない場合の進め方
Available in
日 after you enroll